スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤清、3秒間の過ちで人生を台無しにした男

北海道警の警視が退職を目前に迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された
ニュースがありましたね。
逮捕された佐藤清容疑者(60歳)は定年まであと30日ほどだったようです。

無事に勤め上げれば2000万円の退職金が受け取れたようだけど、
それがパァーになってしまいました。
まぁ、当然のことですが・・・ここまで真面目に勤め上げたのに
本当に馬鹿だなぁと思うわけですよ。


痴漢は立派な犯罪、それは言うまでもないんだけど、
たった一回の過ちにより2000万円を失っただけでなく、今後の人生も大きく
狂うことでしょう。
奥さん子供もいるのかな?
いるとしたら妻はたまったものではないですね。

これまで築き上げてきたものが全て崩れ去ってしまうわけです。
そのくらいの事にどうして気づかないのか?

デジカメの動画機能で盗撮した3秒間で、人生を台無しにしてしまった
佐藤清容疑者、いくら後悔しても後悔しきれないことでしょう。


ネット社会では一瞬にして情報が伝わってしまいます。
私が佐藤清容疑者の事をこうして書いているように多くの人がニュースに対して
コメントを投稿したり、ブログの記事にしている事でしょう。

それだけ本人が思っている以上に社会的制裁を受けなければならないわけです。


猫ひろしってこんなに速かったんだ!

いやぁ~恐れ入りました。

まさかこの悪天候(雨に加えこの寒さ)の中でサブスリー(3時間を切るタイム)で
東京のコースを駆け抜けるとはねぇ。
芸人の猫ひろしさん、大したものです。


すっかりお馴染みとなったトップ選手と市民ランナーが一同に走ることができる
マラソン大会、それが東京マラソンです。
今年は3万5千人のランナーが全国から訪れました。
どうして、こうも東京マラソンの開催日ってコンディションが悪いのかなぁ??


石原慎太郎東京都知事は参加者を4万人まで増やしたいような事を言っていました。
ランニングブームを考えるとその実現も近いような気がするなぁ。


そうそう猫ひろしさんでしたね、意外と若いんですね彼、1977年生まれてということは
まだ31歳という事?
奥さんが日テレの番組に出演しているけど綺麗な奥さんですね、どうやって口説いたんだろう(笑)

猫ひろしの記録は2時間55分台でした。
全体で300位台の順位のゴールですから上位1%ということです。

市民ランナーが目標とするサブスリーでのマラソン完走、サブスリランナーは
大いに自慢できる記録です。
本当に猫ひろし、あんたは凄い!
マチャミ(久本雅美)がWAHAHA本舗の間寛平になれと言っていたけど、
その素質は十分にありそうですね。

レース後には今宵は「子作りに励む!」と猫まっしぐらな発言をした猫ひろし、
最後のFINISHは決められるのだろうか(笑)


優勝は藤原正和選手が復活の優勝を遂げました。
2位には藤原新選手、3位には期待の佐藤敦之が入り、日本人が表彰台を独占しましたね。

優勝した藤原選手は長いトンネルをやっと抜け出し、今後はロンドン五輪を
目指すそうです。

明日は東京マラソンですね

バンクーバー五輪もあと少しで閉幕しますね。
昨日の女子フィギュアスケートは一番の盛り上がりを見せました。

何てったって競技開始時間の頃には多くの人が
携帯電話を見ていましたからね。
ケータイにテレビ機能が付加された事で、いつでもどこででもテレビを
見る事ができます。

歩きながらテレビを見るのはちょっと危ないけど、キム・ヨナ選手と浅田真央選手の
メダル争いには注目せざるをえませんでしたね。
結果は・・・ご存知の通りです。

バンクーバー五輪最大のメインが終わった今、次なる関心は東京マラソンですね。
マラソン好きの友達は抽選から漏れて残念がっていたけど、相当の倍率のようですね。


東京マラソンの開催日って悪天候のイメージが強いけど、
明日はどうでしょうね?


男子の招待選手は楽しみです。
マラソンレースで失敗の少ない中国電力の油谷繁選手に同じチームの佐藤敦之選手が
走ります。
北京五輪では出場走者の中で最下位となり一時はマラソンを止めることも考えた
佐藤選手はその後、昨年の世界選手権で見事な復活を遂げました。
今大会で佐藤敦之完全復活をアピールする走りをしてもらいたいなぁ。

東京マラソンといえば昨年はお笑いタレントの松村邦洋さんが一時心配停止状態に陥る
ハプニングがありました。
日本テレビが共催という事で中継をするけど、例によって中継を盛り上げるために
タレントや局アナをレースに動員していますね。

東京を走ってみたい、という真面目な市民ランナーにとってははたはた迷惑な
連中だけど仕方がないのかなぁ・・・

トップ選手と市民ランナーが一緒に走れるお祭のようなマラソン大会だけど、抽選倍率が
10倍近くともなると公正な選考をしてもらいたい気もします。


今週は暖かい日が続いたけど明日はグッと気温も下がるのようなので
市民ランナーの方は無理をせずレースに臨んでもらいたいですね。


バブルは悪いのか?

朝まで生テレビでは「バブル」についても議論が交わされていました。

ホリエモンが「バブルの何が悪いの?」と問うたわけです。
それに対して東大大学院教授の姜尚中(だったかな?)、「バブル後の長引く不況を見れば
バブルの時の好景気よりひどい」と言うような事を言った訳です。

それに対してホリエモンは、
「それはバブルが悪いという理由にはなっていない」
と反論。
資本主義経済の下では常にバブルが起こり、弾けては立ち直るという歴史が
繰り返されているわけです。


確かに、バブルの時は誰もが幸福に酔いしれていたわけですね。
そしてバブルが弾ける時はいつも金融が引き金になる。

今、世界経済を苦しめているリーマンショックはローンを債権化し世界中に
ばら撒いてしまったことが主な原因。
こんな金融商品を作った証券会社を責めるべきか?それとも支払い能力がない人たちが
後先かえりみずにローンで消費をしまくったのが悪いのか?
意見が分かれるところでしょうね。


ここの場に苫米地英人氏がいたらどんな意見をしていたんだろうなぁ。
出す本が次々とベストセラーとなっているドクター苫米地、彼はカリスマ経営コンサルタントと
呼ばれる神田昌典氏との対談の中でこんな事を言っていました。

「バーチャルマネーとリアルマネーの垣根がなくなったおかげで経済がおかしくなった」

とね。
アバターという架空キャラクターのアイテムを売買するのに現実のお金が動いたり、
実体のないものに多額のマネーが動くという現実。

実体経済とバーチャル通貨は切り離さなければならないのに、それが混同してしまった。
バブルが起きるのだって実体の価値にバーチャルな価値が付いたおかげで、土地の値段が
青天井で上がってしまったわけだからね。
そりゃ、いつかは弾けるわけだ。

バブルが悪いと言うより人間の欲やエゴが本当は悪いんじゃないかなぁ?





ホリエモンが朝生に

こんばんは。
月末の金曜日と言えば田原総一朗氏が司会を勤める「朝まで生テレビ」ですね。

とは言え、いつの間にか寝てしまったのか?目が覚めたときには
既に番組が始まっていました。

最初に目に映ったのが元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文氏でした。
最近はちょくちょくテレビ出演が増えてきていますね。
有料のメルマガも配信しているようだし、再び表舞台で活躍する日も近いかも
しれませんね。

若手企業家を招いての今回の激論はとても見ごたえがありました。

ライブドア事件は何だったのか?
堀江氏はマスコミ批判を口に出していましたが、日本と言う国は
「出る杭は打たれる」という事なんだなぁ、と思っちゃったなぁ。

東工大特任教授の東浩紀氏の話も面白かった。

「イノベーション(革新」」には政治や官僚は介入するな!とね。

YOUTUBEが莫大な富を手に入れ、Winny(ウィニー)を開発した
元・東京大学大学院情報理工学系研究科助手の金子勇さんは何故、逮捕されたのか?

そこにはアメリカと日本の大きな違いがあるようだ。

即ち、アメリカは
”ルールがなければ自由にやって、後は司法の判断に任せ”
日本は
”ルールの中でやれ”
という違い。

秒進秒歩のスピードで技術革新が進む中、そんな現状に付いていけない
ルール(法律)を作る政治家がどう理解できると言うのか?

日本でベンチャー企業が育たないわけがここにあるようだ。

そこで金子さんは言うわけです。

「彼らの事は放っておいて自由にやらせろ」

と。
はじめから縛りをするのではなく、社会的・倫理的に問題が起きてから
司法の判断に委ねればいいのだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。