JUNブログサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://junfirstblog.blog24.fc2.com/tb.php/33-566e7dae

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

JUNブログサイトトップ >経済 >>バブルは悪いのか?

バブルは悪いのか?

朝まで生テレビでは「バブル」についても議論が交わされていました。

ホリエモンが「バブルの何が悪いの?」と問うたわけです。
それに対して東大大学院教授の姜尚中(だったかな?)、「バブル後の長引く不況を見れば
バブルの時の好景気よりひどい」と言うような事を言った訳です。

それに対してホリエモンは、
「それはバブルが悪いという理由にはなっていない」
と反論。
資本主義経済の下では常にバブルが起こり、弾けては立ち直るという歴史が
繰り返されているわけです。


確かに、バブルの時は誰もが幸福に酔いしれていたわけですね。
そしてバブルが弾ける時はいつも金融が引き金になる。

今、世界経済を苦しめているリーマンショックはローンを債権化し世界中に
ばら撒いてしまったことが主な原因。
こんな金融商品を作った証券会社を責めるべきか?それとも支払い能力がない人たちが
後先かえりみずにローンで消費をしまくったのが悪いのか?
意見が分かれるところでしょうね。


ここの場に苫米地英人氏がいたらどんな意見をしていたんだろうなぁ。
出す本が次々とベストセラーとなっているドクター苫米地、彼はカリスマ経営コンサルタントと
呼ばれる神田昌典氏との対談の中でこんな事を言っていました。

「バーチャルマネーとリアルマネーの垣根がなくなったおかげで経済がおかしくなった」

とね。
アバターという架空キャラクターのアイテムを売買するのに現実のお金が動いたり、
実体のないものに多額のマネーが動くという現実。

実体経済とバーチャル通貨は切り離さなければならないのに、それが混同してしまった。
バブルが起きるのだって実体の価値にバーチャルな価値が付いたおかげで、土地の値段が
青天井で上がってしまったわけだからね。
そりゃ、いつかは弾けるわけだ。

バブルが悪いと言うより人間の欲やエゴが本当は悪いんじゃないかなぁ?




スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://junfirstblog.blog24.fc2.com/tb.php/33-566e7dae

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。