JUNブログサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://junfirstblog.blog24.fc2.com/tb.php/32-f8e5984e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

JUNブログサイトトップ >経済 >>ホリエモンが朝生に

ホリエモンが朝生に

こんばんは。
月末の金曜日と言えば田原総一朗氏が司会を勤める「朝まで生テレビ」ですね。

とは言え、いつの間にか寝てしまったのか?目が覚めたときには
既に番組が始まっていました。

最初に目に映ったのが元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文氏でした。
最近はちょくちょくテレビ出演が増えてきていますね。
有料のメルマガも配信しているようだし、再び表舞台で活躍する日も近いかも
しれませんね。

若手企業家を招いての今回の激論はとても見ごたえがありました。

ライブドア事件は何だったのか?
堀江氏はマスコミ批判を口に出していましたが、日本と言う国は
「出る杭は打たれる」という事なんだなぁ、と思っちゃったなぁ。

東工大特任教授の東浩紀氏の話も面白かった。

「イノベーション(革新」」には政治や官僚は介入するな!とね。

YOUTUBEが莫大な富を手に入れ、Winny(ウィニー)を開発した
元・東京大学大学院情報理工学系研究科助手の金子勇さんは何故、逮捕されたのか?

そこにはアメリカと日本の大きな違いがあるようだ。

即ち、アメリカは
”ルールがなければ自由にやって、後は司法の判断に任せ”
日本は
”ルールの中でやれ”
という違い。

秒進秒歩のスピードで技術革新が進む中、そんな現状に付いていけない
ルール(法律)を作る政治家がどう理解できると言うのか?

日本でベンチャー企業が育たないわけがここにあるようだ。

そこで金子さんは言うわけです。

「彼らの事は放っておいて自由にやらせろ」

と。
はじめから縛りをするのではなく、社会的・倫理的に問題が起きてから
司法の判断に委ねればいいのだ。


スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://junfirstblog.blog24.fc2.com/tb.php/32-f8e5984e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。